参加大学

特徴

もっと日本を。もっと世界へ。
國學院大學は、明治15年に創設された皇典講究所を母体とし、大正9年にわが国で初めて認可された私立大学のひとつです。文学部・神道文化学部・法学部・経済学部・人間開発学部の5学部13学科および大学院(文学研究科・法学研究科・経済学研究科)、さらに研究開発推進機構と教育開発推進機構を設置しています。グローバル化が進むなかで、國學院大學では異国文化理解にはまず自国文化の理解が必要と考えています。世界で活躍できるグローバル人材の育成をめざし、研究と教育を通じて日本の理解を深めると同時に、世界に対しての理解も深めていきます。

募集学部学科

文学部

日本文学科・中国文学科・外国語文化学科・史学科・哲学科

日本や諸外国の文化を深く学び、日本文化を世界へ創造的に発信できる人材をめざす
文学部は、国史・国文・国法を専修する研究機関としてスタートした國學院大學の歴史と伝統を直接継承する学部です。134年の教育・研究の歴史を誇る日本の文化や歴史に対する深い知見をベースに、諸外国の言語や文化、哲学や芸術について深く・広く学ぶことができます。また、一定の範囲内で他学部・他学科の授業を履修できる柔軟なカリキュラムが組まれており、幅広い教養と視野を持つ人材を育てる環境が整っています。

神道文化学部

神道文化学部

日本の伝統文化の根幹である神道を学び、世界の宗教・文化を踏まえて研究する。
日本の伝統文化の根幹である神道を学びながら、神道以外の宗教についても学修し、他の文化・宗教の中で神道がどのような特色を持つのか比較・研究して、その内実に迫ります。同時に、価値観が混在する現代社会の中で、環境問題をはじめとする今日的な課題に対応できる力を養い、日本文化と異文化を結ぶ「懸け橋」となる人材を育成します。神職を目指す学生はもちろん、神道・宗教・文化に関心を持つ多様な学生を受け入れています。

法学部

法律学科

自分に合った法律との向き合い方を探り、将来に活かせる法学の考え方を学ぶ。
価値観が多様化し、人間関係が複雑化した現代社会では、法を学ぶことの重要性はますます高まっています。法学部では、時代のニーズに対応する法の知識を身に付けることはもちろん、現代社会全般の知識を併せ持ち、より良い社会の形成に積極的に関わり、自分の未来を自ら切り拓くことのできる人材の育成を目標にしています。「法律専門職専攻」「法律専攻」「政治専攻」の3専攻があり、学生の多様な進路希望や問題意識に応えています。

経済学部

経済学科・経済ネットワーキング学科・経営学科

経済の仕組みや成り立ちへの理解を土台に、日本と世界の経済を考察する。
経済学部は、「経済学科」「経済ネットワーキング学科」「経営学科」の3学科から構成されており、経済理論をはじめとして、グローバル経済から地域経済の現状、ベンチャー企業から会計まで、幅広く学ぶことができます。学科の壁を乗り越えた柔軟な科目履修が可能であるほか、基礎から応用まで学べる段階的なカリキュラム、討論やプレゼン能力も身に付く少人数教育、ネイティブ・スピーカーによる英会話の授業など、特徴的な教育を提供しています。

人間開発学部

初等教育学科・健康体育学科・子ども支援学科

子どもたちの隠れた能力を引き出すための高度な指導技術を学び「人づくりのプロ」に!
人間開発学部は、幼児教育・保育、初等教育そして健康管理の現場で活躍する「人づくりのプロ」を育成する学部です。「教職の國學院」として長年培ってきた人材育成システムを利用して、人間の持つ個性や素質を伸ばし、潜在能力や才能を引き出して、「人間開発」を行う教育者を育てます。少人数教育を実現するルーム制やゼミ制、人間力の育成を図る合宿研修、実践力を身に付ける教育インターンシップなど、充実した教育システムで学生の学修をサポートしています。

校舎所在地

渋谷キャンパス
 東京都渋谷区東4-10-28
渋谷駅(JR山手線・地下鉄・京王井の頭線・東急各線)から徒歩約13分

たまプラーザキャンパス
 神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1
  たまプラーザ駅南口から徒歩5分

Gallery

slider_image1