香川大学

特徴

世界水準の教育研究活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人・研究者を養成し、地域社会をリードするとともに共生社会の実現に貢献する。
農学は、生命・環境・食料がキーワードの総合科学です。
香川大学農学部は、従来の農業だけでなく、農産物の生産性の向上、生産物加工や生物生産と、それらに関わる社会的原理や環境保全などの応用研究とともに、幅広い基礎研究分野をカバーしています。農学は生命・生物資源・環境・食料に関わる分野で、遺伝子レベルから個体レベルまでを教育研究する「ライフサイエンス」(生命科学)分野の一つです。

募集学部学科

農学部

応用生物科学科

香川大学農学部応用生物科学科では、私たちの生活全般に関わる幅広い分野をカバーする下記の5つの専門教育コース(応用生命科学、生物生産科学、環境科学、生物資源機能化学、食品科学)を設け、入学後に学生一人ひとりが学びの中で、自ら学びたい専門を順次選択していく段階的教育プログラムを編成しています。
コース教育を卒えると60ほどある研究室の中から一つを選んで課題研究に取り組み、専門的課題解決能力を身につけます。さらに大学院修士課程、連合農学博士課程も整備されており、学生一人ひとりを高度な専門人材として社会に送り出しています。生命や生物資源、環境、食料や食品に興味のある皆さん、香川大学農学部で共に学び、共に成長しませんか。世界に羽ばたく研究者、技術者を目指す君たちの入学を歓迎します!

■応用生命科学コース
微生物から高等植物、高等動物までの幅広い生物を対象として生命科学の基礎から応用技術まで、幅広く学ぶことができます。
■生物生産科学コース
安全で安定的な食料供給と生活に潤いをもたらす園芸資源の生産開発を目指して品種改良、生産技術・環境や生産物の流通・利用システムなどを学びます。
■環境科学コース
生態系を構成する個々の生物の特性や環境との相互作用 および 環境中の物質循環について、特に里山・里海を主な対象としてフィールド及び実験室で化学的・生物学的手法を学びます。
■生物資源機能化学コース
生物の機能を化学の観点から理解し、有用な機能を持つ生物由来の化学物質の探索をしたり分子構造や作用機構・生合成を解明したりするための化学的手法を学びます。
■食品科学コース
食品の機能性と安全性、嗜好性を科学的に知り食品のもつ生理調節機能を科学的に理解し、安心・安全で おいしく高機能な食品を開発できる人材の育成を行います。
農学部(https://www.ag.kagawa-u.ac.jp/)は応用生物科学科の1学科のみで、コース制を採用しています。入学後は、まず全員が導入科目と共通基礎科目を履修し、生物科学の基礎を身につけます。この間に、自らの学習の方向性と適性を把握し、2年後期からは「応用生命科学コース」「生物生産科学コース」「環境科学コース」「生物資源機能化学コース」「食品科学コース」の5つのコースに分かれて専門科目を履修し、学修を体系的に完成させます。

校舎所在地

〒760-8521 香川県高松市幸町1-1

Gallery

slider_image1